検索
  • togarashi104

江戸の流行(はやり)風邪に唐辛子が一役?


その昔江戸の街に時々伝染病が発生し人々は恐れました。

街は人口が急激に増え衣食住が整っていませんでした。

秋から冬にかけ風邪も庶民を悩ませました。 そんな中温かいお蕎麦(ぶっかけ蕎麦)に

薬味(唐辛子七味)をかけると風邪防止になると

人気だったそうです。


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示